Blog

ZAZEN BOYS Live at YEBISU YA PRO 2017

YEBISU YA PROの2ndアニバーサリーライブ、ZAZEN BOYSの公演に行ってまいりました。2年連続で観ることができて嬉しいです。

会場時間と開演時間を勘違いしており、着いた時には何曲目かわかりませんが「Riff Man」が始まっておりました。どアタマから観れなかったのが悔しいです。

セットリストは概ね下記サイトと同じと思います。

http://ksmusic.org/?eid=6039

「泥沼」は曲の合間にメドレーが入るのですが、今回も『下半身がズッポリ泥沼にはまったこんな状態でもボウルにいっぱいのアレが食いてえ』で「ポテトサラダ」、さらに『ポテサラミッドナイト!』で「気が付けばミッドナイト」のメドレーは健在でした。あと「Honnoji」もメドレーに組み込まれていました。本音を言えば「Honnoji」はフルで聴きたかったです。

「Weekend(だったと思います)」が始まる前、『少し時間ください』で音合わせ。しばしの沈黙があり、向井氏が『そう…』と何かを言いかけたところで曲が始まってしまうのが笑えました。あと1年前は演奏しなかった「TANUKI」が聴けたのも嬉しかったです。
そして最後は1stアルバムの「自問自答」。もはや伝統芸能のようになりつつあるライブを2年連続で聴ける幸せをかみしめました。

アンコールを含め20時で終了。照明がついてお客さんもどんどん帰りだしたのですが、半分ぐらいの人が手拍子を続けていました。照明ついてるし無理だろう、と思いながら、交換していないドリンクチケットをビールと交換して、飲みながらなんとなく会場にとどまっていたら、なんとダブルアンコールでメンバーが再登場。散らばっていたお客さんが一気に前の方に集まりだしました。「持ち球がね…」と言いながらも、1stアルバムの「KIMOCHI」を、さらに激しくしたアレンジで披露。ステージが見渡せる中央のあたりで、メンバーの狂気的な演奏を体験できました。

↑これもある意味で狂気的な演奏です。

トリプルアンコールはありませんでしたが、ベースの吉田氏が出てきて丁寧な挨拶をして去って行きました。その後、会場の外にて向井氏を除くメンバーが全員売り子となって物販を展開。ステージ上と変わらない姿で淡々とTシャツを売る姿がいかつかったです。