大阪で観劇

大阪のシアターBRAVA!で舞台「ラストフラワーズ」を観ました。
劇団☆新感線大人計画という、大人気の2劇団によるコラボ舞台で、演劇ファンにとっては夢のような企画…とのこと。

お芝居を見るのは中学校の行事以来。自分で興味を持って、お金を払って観に行ったのは今回が初めてかも知れません。だから、上演時間が3時間を超えるとか、幕間に休憩時間が20分もあるとか、パンフレットの値段とか、そもそもチケットの値段とか、観劇慣れしてる人にとっては当たり前なんだろうことにもいちいち衝撃をうけました。上演前にロビーが人でごったがえす感じも体験できてよかった。もうこういう機会は訪れないと思います。

感想を書こうとするとどうしても上演内容に触れてしまうので、「良い物を観た」というバカみたいな感想しか書けませんが、本当に良い物を観ました。展開がめまぐるしくて、見せ場が一杯で、なにより面白くて、まー3時間なんてあっという間でした。あと舞台俳優にハマる女性の気持ちもなんとなくわかった気がする。

家に帰って、購入したパンフレットを開いてみました。緑色のゴムで留められた製本で、ゴムを外すと1枚1枚が巨大なポスターになる仕様。家の本棚には高さがギリギリで入らないので、寝かせて入れました。緑色のゴムの結び目がピースマークになってるようにも見えますが、考えすぎか。